So-net無料ブログ作成

アトリエからの足跡 [フランス・パリ]

 さっきのお店で食べてみようか。

 アトリエ・ブランクーシで、Le Baiser(ル・ベゼー)を観た後、
 ふたりで、まだまだパリの街を歩く。

atlbcs36.JPG

 その日、ポンピドゥー文化芸術センターまで来る途中で見つけて、
 でも、アトリエが閉まる前に、ゆっくり見なきゃ、と
 横目でチラ見しながら通り過ぎたけど、その引力は凄まじかった・・・。

 やっぱり気になるもんね。 そこを目指して、来た道を戻る。

atlbcs37.JPG

 ベネチア通りには、荒波を越え行く帆船のレリーフがついた小さな泉。  
 下の方にパイプがついてたけど、水は出てない。 

 Fontaine Maubuée フォンテーヌ・モビュエ。  モビュエの泉というらしい。
 mauvaise buée(モヴェーズ・ビュエ)が名前の由来だとか・・・意味は「悪い湯気」?
 いいのかな、こんなネーミングで。 

 でも、ここ、パリの街にある、かなり古い泉のひとつにあげられるそうな。

atlbcs38.JPG

 ふふ、これこれ。 来たかったのは、ここ。
 アイスを持った天使が駆ける、黒の円い看板が目印。

 私が選んだのは、マラガ・・・というのは、ラムレーズン

 私の父も好きな味。 
 子供の頃、ふたりで出かけた時に、父がよく食べていた。
 昔、味見させてもらった時は、眉間にシワ~・・・な味だったのに、今は大好き。

 大人の味ね。

atlbcs39.JPG

 一方、Kamoさんは、Caffé 珈琲。 珈琲豆を模したチョコが美味。

 暑い日だったので、すぐに溶け始めてしまい、この後、慌てて口に。

atlbcs40.JPG

 さて、おやつも食べたし、この後は、あそこに行ってみる? ・・・と歩きだして、
 ふと目についた集合住宅の出っ張り部分。 

 チューリップ模様、可愛い♪   思わずオランダを思い出す。

 で、南北に走る通りを横切って、この日、来る時に気になってた場所を目指す。
 きっと、こっちだよ、方向からすると・・・と、当てずっぽうにふらふら。

atlbcs41.JPG

 ミラーなガラスの建物に、正反対のもうひとつの世界。 
 右手を上げると、あっちは左手を上げる。 

atlbcs42.JPG

 こんな写真を撮ると、ちょっぴりアーティストな気分が味わえる。 気分だけね。

 単3乾電池2本で動く、手ぶれ防止機能もついてないデジカメだけど。
 お気に入りなので、もう5年のつきあい。 どうか壊れないでね。

 で、ここまで来ると、見えてきた、見えてきた。

atlbcs43.JPG

 ほら、飛梁(フライング・バットレス)が美しい、あの教会。 

atlbcs44.JPGatlbcs45.JPG

 どこが入口?・・・と思っていたら、先に中へ入っていく人がいたので、後に続く。

 植物模様のキレイなガラスの扉から。
 格子部分にも、さりげなく花の飾りがついてる。

atlbcs46.JPG

 いらっしゃい。

 あ・・・おじゃまします。

atlbcs47.JPG

 教会なので、静かにね。

atlbcs48.JPG

 入ってすぐ右にあった聖母マリアのチャペル。

atlbcs49.JPG

 3枚の大きな絵の上の方にはステンドグラス。 これは中央にあったもの。

 左から2番目がマリアさまかな。 あとの3名さまには背中に羽が。 

atlbcs50.JPG

 周歩廊に立つ像。 長い通路の奥、側廊には、たくさん並んだ椅子が見える。

atlbcs51.JPG

 ステンドグラスを見ながら、ゆっくり歩いていく。 

 教会大聖堂を見かけると、たいてい近くまで寄る。 そして可能なら中に入る。
 でも、キリスト教や聖書に詳しいわけじゃない。
 調べても調べても、忘れちゃうこともあるしね。

atlbcs52.JPG

 それじゃ、なぜだろう、と、ふと考える。

 そこに山があるから、と答えた登山家同様、そこに教会があるから・・・
 では、漠然としすぎるな。

 ・・・静かな場所だから・・・かな?
 確かに、どこの国へ行っても、慌ただしい大きな街でも、そこに行くとホッとする。
 ざわざわと波立っていた気持ちが、なめらかになるしね。

 見上げると、高いところから差し込む。 それでも薄暗いのか、ランプもついてる。 

atlbcs53.JPG

 これは翼廊(北側)にあるステンドグラス。 

 いったい、ここは何て名前の教会だろうね。

atlbcs54.JPG

 Saint-Eustache・・・サントゥスタッシュ・・・
 Eglise des Halles ・・・エグリーズ・デ・アール・・・って書いてある。

 ちなみに、写真の図の一番上が、聖母マリアのチャペル。
 赤で1とあるのが、パイプオルガン。

atlbcs55.JPG

 ようやくカバンから取り出したガイドブック。 
 パラパラめくると、サントゥスタッシュ教会・・・あ、ちゃんと載ってる。

atlbcs56.JPG

 柱には、いくつかのレリーフ。 順に追うとキリストの物語になってるのが分かる。

atlbcs57.JPG

 身廊。 石造りのシンプルな教会。
 教会のサイトによると、天井までの高さは33.46m。 幅は43.5m、長さ105m。

 ちなみに、中央の青年が熱心に見ているものは・・・

atlbcs58.JPG

 ・・・これ。 Pierre Lepautre という人が作った、1720年のものらしい。

atlbcs59.JPG

 1893年のステンドグラスの前に十字架のシルエット。

 十字架の像に合わせると、ステンドグラスが写らない。
 人間の目で見ると。両方はっきり見えるのに不思議だね。

atlbcs60.JPG

 その右隣りは、こんな感じ。 あれ、華やか。
 南側の側廊は、光があたって、さらに天井や壁の装飾も美しく見える。

atlbcs61.JPG

 素材が石だと思えないほど、衣服のひだが柔らかそうな感じ。

atlbcs62.JPG

 壁や柱にびっしりの文様。 

 そういえば、ガイドブックには、装飾はルネサンス様式って、書いてあった。

atlbcs63.JPG

 午後の光の中、目で追う曲線。

atlbcs66.JPG

 これが、1854年に作られたパイプオルガン。 高さ18mで、幅が10.5m。 
 パイプの数はは8000本と言われている。

 パイプオルガン演奏会もあるみたい。 
 広い空間に響き渡って、空気も割れそうな、もの凄い音がしそう。

atlbcs64.JPG

 翼廊(南側)ステンドグラス。 

 幼子イエスの両側に、マリアさまとナザレのヨセフ・・・かな。
 天使さまがのぞきこむ。

atlbcs65.JPG

 翼廊から内陣をみたところ。 

 歩くと、ちゃぷちゃぷ揺れていたけど、
 こころの奥底に見えていた涙の荒波も、
 陽の光を、やさしく反射するほどになったかも。

atlbcs67.JPG

 最初の聖母マリアのチャペルまで戻って来た。 ぐるりと1周。

atlbcs68.JPG

 教会を出て、横の広場へ。 あの丸屋根は、商品取引所だって。

atlbcs69.JPG

 ・・・教会の全貌、おさまりきらない。 下が切れるなぁ・・・。

 1532-1640年にかけてたてられたサントゥスタッシュ教会。 
 外観はゴシック様式がベースの建築。

atlbcs73.JPGatlbcs70.JPG

 私のデジカメだと、離れても全部入らない・・・。
 分割して撮って並べると、だいだいこんな感じ。 

 最初からこの形の建物だったわけじゃなく、改築・増築が繰り返され今に至るよう。

 あ・・・気になる? 左下の・・・知りたい?

atlbcs71.JPG

 昔、「ぷっちょ」っていうお菓子のCMにも登場した像。 

 Henri de Miller アンリ・ド・ミレの作品で、Écoute(エクートゥ)。 
 定冠詞ついて、L'écoute(レクートゥ)なのかな・・・どっちだろ。

 フランス語で écoute は、聴くこと、耳を傾けること。 あ、ホントに耳が傾いてる。

atlbcs72.JPG

 ここにも来てみた。 

 教会の姿を追って、Forum des Halles フォーロム・デ・アール越しに見えてた、
 気になる場所、ガラスの緑のアーチ部分。

 アーチの向こうに、街並み。

 反対側に回ってみると・・・

atlbcs74.JPG

 ・・・これが正面。

 Forum des Halles フォーロム・デ・アールへの入り口のひとつ。
 エスカレーターで、地下に下りると・・・

atlbcs75.JPG

 ・・・こんな空間。 ここにも人がいっぱい。

 ショッピングセンターなので、この広場を中心に、多くの店が並ぶ。

 でも、購買意欲もあまりないので、そろそろ、帰ろうかな・・・と、
 写真中央に見えるメトロの駅に向かったのでした。 

 おなか減ったしね、と食欲最優先。 
 この日は、久々に、トルティージャ(スペイン風オムレツ)を焼いた。
           あ、そういえば、7月の食卓、まだ書いてなかったっけ。 また、今度ね。 

 何か、気になる写真、ありました?


タグ:教会 1区 4区
nice!(35)  コメント(20) 
共通テーマ:旅行

nice! 35

コメント 20

Roseblanche

アイスクリーム、おいしそう。
私もラムレーズン、オーダーしそうです。
いいなあ…。

その教会は、レアールにあるんですね。
(ぷっちょ、で分かりました。それと、商品取引所。)
ラ・ドログリー本店のことばかり頭にあったけど、
本当はこの美しい教会に目が行くのが普通なんでしょうね。
パリでも屈指の装飾なのではないですか?
好きなときに訪ねられるInatimyさんが本当に羨ましい。
by Roseblanche (2010-08-20 19:50) 

ぴーすけ君

Caffé 珈琲、すんごくコーヒーの香りがしてきそう。
ラムレーズンのアイスも日本のレーズンと違って
お酒がきいてて食べるとちょっとポーッとしそうw
by ぴーすけ君 (2010-08-20 21:01) 

やよい

サントゥスタッシュ教会は大きくて立派ですね。
ステンドグラスも素敵です。
アイスクリーム 私もラムレーズンが好きです。
by やよい (2010-08-20 21:28) 

てんとうむし

あ、ベネチア通りだって。
いま『海の都の物語』っていうベネチアの歴史の本読んでるところなので、あ、またつながってる。
何度も読んだ本だけど手許に下巻しかないから、えーと、って上巻を思い出しながらなんだけど。

マリア様のチャペル、清らかな空気と繊細な装飾がステキ♡
ブルージュの聖母マリア教会を思い出しながらじっくりじっくり読みました。
日本の教会は入りたくても入れないことが多いな~。
でも、歩いていて神社があるとなんとなく境内を散歩しに入ること多いです^^
by てんとうむし (2010-08-20 21:57) 

noie

パリの教会は、ゆっくり観察すると、本当に見所が多いですね。
次回、パリに行ったら是非立ち寄ってみたいです。
Écoute、デザインが美しいですね。
by noie (2010-08-20 23:20) 

母ちゃん

パリには一体いくつの教会があるんでしょうね~。それぞれに素敵な所のようなので、ゆっくり回ってみるって素敵ですね♪

by 母ちゃん (2010-08-21 06:56) 

laf

パイプオルガン、教会で実際に聞いてみたいですね。

本当のの音を知らないのに、昔、パイプオルガンの音を電子オルガンで作っていました。詐欺師のおじさんです。
by laf (2010-08-21 08:29) 

pistacci

美しい教会ですね~。たくさんの写真がうれしいです。
ちょっと一緒にお散歩した気分になりました。
・・・でも、もう一回見直したら、アイスクリームの写真が一番アップでうつっててくすっと笑っちゃった。
by pistacci (2010-08-21 22:54) 

aranjues

私もCaffé 珈琲お願いします(^.^)。
ワインもブドウも好きなのに、レーズンとなるとだめ、
パンに入っていようものなら人目がなければレーズンだけ
ほじくり出します(笑)。
ステンドグラスがほんとに綺麗ですね。
by aranjues (2010-08-22 01:56) 

ぷーちゃん

気に入った写真は、
アイスの二枚。。。
・・・・・・・・、ありゃ。
失礼致しましたーーー。

ε=ε=ヾ(*゚ー゚)シ
by ぷーちゃん (2010-08-22 11:07) 

めぎ

パリの教会は豪華で素晴らしいですね!
今週末はアイス食べてもいいかなという感じの天気に持ち直しましたね~
今年はあと何回夏らしい日があるかしら。
by めぎ (2010-08-23 03:54) 

rino

パリで暮らせたら、ゆっくりと教会めぐりできるんですね・・。私は教会の静けさと匂いが好きです。清らかになる気がしますね。
by rino (2010-08-23 20:14) 

MOCOMOCO

「モンターニュ通りのカフェ」のDVDを昨日やっとのこと借りられて、じっくりゆったり観ました♪
それから、Inatimyさんの「オーケストラ・シート」の記事に遡って再度読み進んでいたら、すごいすごい!臨場感が全然違いましたよ~!
映画の足跡をたどって実際の街を歩き、ブランクーシの作品を見に行く・・・これはパリに住んでいたら、私も同じようなことしちゃったかも♪なんて思いましたよ^^
特に、ブランクーシのアトリエと彼の作風はとっても好みで、よい場所を教えてもらいました。いつかパリに行くことがあったら、是非行ってみたいです^^
by MOCOMOCO (2010-08-24 09:41) 

Inatimy

→皆さま 
たくさんのnice! & コメントありがとうございます。 
出かけるのが面倒なくせに、一度出たらあれもこれも気になって追いかけてしまうので、帰る頃にはくたくた、ぐったり。 そういえば、カフェでゆっくりお茶したり、テラス席でランチ・・・なんてこともなく、ずっと歩き回ってるかも・・・。 電池が切れるまで動くおもちゃみたいだ・・・。

→Roseblanche さま 
大人になるにつれ、好みの味って変化を続けるんですね~。 そうそう、ラ・ドログリー本店のすぐそばにある教会です、ここ。 そういう私も、そのお店が気になりつつも、まだ行ったことがないんです。 楽しみは後にとっておこうかな。 パリにいると好きな時に観光場所に行けますが、好きな時に新鮮な魚とか美味しい和食が食べられないんですよねぇ・・・。

→ぴーすけ君さま 
いつもそれぞれ好きなものをオーダーしますが、味見し合いっこするので2種類満喫。 ラムレーズンもラムの風味濃厚でしたよ♪ 他にもたくさん種類があって迷うところです。

→やよいさま 
パリにはまだまだ沢山の教会があるので、これからじっくり訪れるのも楽しみです。 ステンドグラスが美しいゴシック様式の教会は、やっぱり好みかも。

→てんとうむしさま 
いつもたくさん本読んでるね~。 街の中に珍しく帆船を見つけ、さらにチューリップ柄の手すりのある出っ張りを見つけ、オランダが懐かしくなったなぁ。 この夏、アムステルダムで、5年に一度の帆船フェスティヴァルがあったのよ・・・・行けなくって残念。 私が入った日本の教会は、長崎の大浦天主堂くらいかな。 キレイだった♪

→noie さま 
パリの教会、じっくり見ちゃうとホコリも目につくんですが、見どころは多いです(笑)。 その点、ドイツの教会って、キレイに掃除してあるかも。 街のあちこちにアートがさりげなくあるパリ・・・さすが芸術の街ですね~。

→母ちゃんさま 
教会めぐりするだけで、かなりの日数を要するかも・・・。 京都もかなりたくさんのお寺があるので、その点は、なんとなく面白いかな。 どちらも、いつもふらふら吸い込まれるように入って、ぐるりと中を拝見。 ろうそくあげたり、お線香をあげたり、像の美しさにうっとりしたり♪ 

→laf さま 
私もじっくりパイプオルガンを聴いたことはないかも。 ちらっと練習を聴いたことはあるんですが。 電子オルガンでその音を作っちゃうlaf さん、スゴイです~。

→pistacci さま 
一度出歩くと、興味をひかれるものが多いから、機会を失ってなかなか食べないんですよ・・・なので、このアイスは格別♪ 思いっきり大きく撮っちゃいました。 これでミニサイズですよ・・・十分な量でしょ?

→aranjues さま 
あららレーズンも苦手ですか・・・じゃ、レーズンものは、私が頂きます(笑)。 似たようなもんで、私はドライイチジクは大好きですが、生のイチジクはダメです・・・ふふ。 この教会のステンドグラスもキレイでしょ。 あ、そうそう、ステンドグラス柄のちらっと入ったラベルのビール、Leffeのルビーを先日久々に飲みました♪ 

→ぷーちゃんさま 
ふふ、アイスの写真気にいっていただけて嬉しいです。 ほんとうに、美味しかったんですよ♪ うっとりするくらいに。 あぁ、思い出す、あの味。

→めぎさま 
週末はアイス日和だったのに、あっという間に気温が下がっちゃいましたねぇ。 引っ越してから、半袖服がほとんどないのに気付き、暑かったです・・・。 オランダじゃ、ほとんど半袖着なかったもの。 これ書いてる今、18℃・・・涼しい。

→rino さま 
私から見ると、やっぱりパリは観光するところであって、暮らすところじゃないです(笑)。 物価も高いし。 でも、人は優しいかな。 あぁ、牛や羊が恋し~い・・・。 

→MOCOMOCO さま 
DVD「モンテーニュ通りのカフェ」を観て、ブログ記事と一緒に楽しんでいただけて、とっても嬉しいです♪ 私も同じ気分を味わってました。 のんびりしたオランダ暮らしに慣れきってたので、都会のパリは、なかなかとっつきにくい部分があったんですが、このDVDで少しずつ、パリのことを知るきっかけをもらえた私です。 異国の地に慣れる一歩、映画や音楽には本当に助けてもらってます(笑)。 どこに行っても食べ物はすぐ慣れちゃうんですけどね。 へへ。
by Inatimy (2010-08-25 18:17) 

TaekoLovesParis

サントゥスタッシュ教会、立派な建物ですよね!
私のパリの友達は、ここのすぐそばで、レストランをやっていたので、
この教会の前は何度も通って、懐かしいです。写真がとっても綺麗。

by TaekoLovesParis (2010-08-26 16:33) 

Inatimy

→TaekoLovesParis さま 
アトリエ・ブランクーシへ行く途中で見かけて、あまりに大きな教会のように見えたので、気になって、気になって。 この近くに手作りの店のラ・ドログリーがあるので、店はチェックしてたんですが、この教会だったとは。 お友達は、もうその近くでレストラン、なさってないのかしら・・・。
by Inatimy (2010-08-27 07:34) 

miffy

この教会、何度も前を通った事があるのに中はチラッと覗いただけでした。
こんなに素敵な所だったんですね~
ちゃんと入ってゆっくり見てみれば良かったなぁ・・・
アイスクリームどっちも美味しそうですね~
なぜか子供の頃からラムレーズン大好きでした。
ラム酒の甘い香りが好きなんですよね~
by miffy (2010-08-30 16:15) 

Inatimy

→miffy さま 
私はこの教会の近くのお店、ラ・ドログリー本店に行ってみたいと思いつつも、まだ行けてないんですよねぇ・・・。 この時も、帰宅してから、すぐそばだったんだから行けばよかった~って・・・・後で気づいた。 
子供のころからラムレーズン好きとは・・・オ・ト・ナ♪
by Inatimy (2010-09-07 23:42) 

yuka

いいなぁ、歩きながらのんびりジェラート・・・・。溶けまくっているけれどおいしそうだなぁ~。にしてもなぜマラガ・・・。スペインの地方の名前?
by yuka (2010-09-19 14:50) 

Inatimy

→yuka さま 
この時は、まだパリ、暑かったんですよ。 なので溶けまくりです。 でも腐っても鯛、溶けてもアイス♪ マラガ、私もなぜだろう???って思ってました。
by Inatimy (2010-09-21 04:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。