So-net無料ブログ作成

2週間の休み [フランス・パリの外]

 やっと、この日が来たね。

 ずっと楽しみにしていた今日という日。

ndlvh9.JPG

 1月ブログをしばしお休みしていた時のお話に、やっと辿りついた。

 午後、カフェでKamoさんと珈琲を飲む。 

 実は、パリに住んで以来初めてのことだったりする。
 いつも持参のジュースをベンチで飲んだり、スーパーに入って買ったりしてたから。

 我が家にとってそんな一大イベントを実現させたのは・・・

ndlvh10.JPG

 ・・・にあるカフェ。 

 構内の電光掲示板プラットホーム番号が表示されるまでの時間つぶしに。

 そう、飛行機ではなく列車に乗る。

ndlvh11.JPG

 駅舎の中は、ごろごろとスーツケースを引っ張る人が他にもたくさん。

 カフェがあったのは、正面に見える階段の下を抜けたところ。

ndlvh12.JPG

 プラットホームに向かう途中にも、気になるものがいろいろあって、歩きながら片手で撮影。

 の装飾もキレイだな。

ndlvh13.JPG

 乗るのは、赤いボディーのこの列車。 速そうな流線形。 

ndlvh14.JPG

 座って、しばらくすると、ゆっくりと動き出した。 15:30頃だったかな。

 見えるのは密集した建物に、壁の落書き。
 線路には、数日前に降ったの名残。

 パリから脱出。 やがて、ぽつぽつとだけ民家が見える程度になって・・・

ndlvh15.JPG

 ・・・一面の寒そうな雪景色の野原。 空もどんよりと覆われて。

 この日、パリは最高気温で0℃だったかな。 このあたりはもっと寒いはず。

 隣ではKamoさんがうたた寝を始めた。 
 もまとまった休みもなく、ずっと多忙だったからね。

 私は車窓からの流れる景色が好きなので、外を見ながら、じっとカメラを構える。

ndlvh16.JPG

 そのうち、空の雲も薄くなり、明るさが戻ってきた。 久々に見た青い空

ndlvh17.JPG

 遠くに見えるのは、ポプラの並木。 

ndlvh18.JPG

 段々と傾く太陽の光の中で。 大地に植物が見えたり・・・

ndlvh19.JPG

 ・・・また深くなったり。 向こうに見える村の教会に、今どのあたりだろうな・・・と時計を見る。

ndlvh20.JPG

 青い雪景色の中に、風をうけて回るモダンな風車

ndlvh21.JPG

 電源をONしたりOFFしたり。

 あ、今だ、と思った瞬間にシャッターを押すのだけれど、
 タイミング悪く線路脇の電柱が入ったり、茂みで風景が隠れたり・・・流れる景色は案外難しい。

ndlvh22.JPG

 オレンジ色を撮ろうとしたら、列車は谷間を進んで遠ざかる・・・。

 そんなことをしてる間に・・・

ndlvh23.JPG

 ・・・次の大きな街へ到着。 なんだろう、蜃気楼のように浮かんだあの丸屋根の建物は。

ndlvh24.JPG

 いったい我が家は、どこに向かおうとしてるのか・・・

 ・・・気になる? 

 すんなり答えを言うと、出発した駅はパリ北駅で、乗った列車はタリス

 そして、この街はベルギーブリュッセルで、
 丸屋根はPalais de justice 最高裁判所

ndlvh25.JPG

 タリスはKamoさんの計らいで、乗ったのは一等車。 ゆえに軽食サービスが。
  ↑ 後で聞いたら、予約いっぱいで、もう1等しか空席がなかったんだとか(笑)。

 Kamoさんはマカロンマドレーヌ、私はパルミエ。 
 飲み物も、珈琲、紅茶、ワインにソフトドリンクと選択肢があったはず。

 パリを出発した後に1度サービスがあり、ブリュッセルを出発した後にも再び。 すでに2回目
 初回にもらったのはサンドウィッチ。 それも数種類から選べた。

 この日の写真は、ここから先はない。
 ブリュッセルですっかり日が暮れてしまったので、
 暗いとCASIOではブレブレになってしまうから。

 

 ひょっとすると、ひょっとして、もうお分かりかもしれないけれど・・・

ndlvh27.JPG

 ・・・パリでの生活を終えたのだ。 もうフランスにはいない。

 今は、別の地で日の沈むのを見ている。

ndlvh26sny.JPG SONY

 運河水路に張ったでスケートやホッケーまで出来る地に引っ越してきた。
 写真は並木道ではく、凍った水路

 荷物搬出当日の移動手段も、レンタカー、列車、飛行機と随分迷った。
 なんせ真っ只中の1月。 寒波到来が心配。

 引越し準備による疲労困憊の身で雪道を何時間もかけて運転することも、
 風雪飛行機キャンセルになったり空港が閉鎖されることも、
 列車が途中で止まっちゃうことも、いろいろ想定して、
 比較的リスクが少なく、我々の身にも負担が軽いものをと、最終、列車にした。

ndlvh1.JPG

 この地へは、引っ越しの前にパリから2度ほど来ている。 

 その時は、シャルル・ド・ゴール空港から飛行機日帰りで。 

 しかも、その内の1度はフライトキャンセルになりそうだからと、
 航空会社から前日にメールが来て、お勧め通り、他の日に変更した ・・・。

ndlvh2.JPG

 パリを離れることになったと知ったその時から、
 ネットで現地の賃貸住居サイトを探し出し、毎日物件チェック。 

 気になるものをピックアップして、数軒まとまった頃に現地へ下見に行った。
 それが、この飛行機での日帰り。 
 物件の下見は、私としては初めてのこと。

 いつもは前任者の後の住居か、数枚の写真だけで判断とか、Kamoさんだけ下見に行くとか、
 今まで何度も引っ越しをしているけれど、実際に私も見て判断することはなかった。 

ndlvh3.JPG

 半家具付きで、治安、交通の便、日当たり、植物&猫OK、短い廊下、ペアサッシ(二重窓)、
 家の前をたくさんの人が通らない、セントラルヒーティング、共有通路の奥じゃないところ・・・

 期限までに希望条件に合う家が見つかるかどうか、毎回ドキドキ。 

ndlvh4.JPG

 あ、ここ行ったことがある。 ゼーラント州ミデルブルフの北あたり。

ndlvh5.JPG

 しばらくすると高度が低くなり、平らな大地が近くなってきた。 運河に船が。 

ndlvh6.JPG

 でも緑の大地に網目のように走る水路

ndlvh7.JPG

 着陸した後、ターミナルまでそのまま移動。 

 途中、高速道路を横切る。 このポイントが好き。 
 飛行機の中から車を見るのも、走る車から、上の道を飛行機が横断するのを見るのもね。

ndlvh8.JPG

 到着したのは、オランダスキポール空港。 パリからほんの1時間15分ほど。
  (ちなみに列車タリスだと遅れることたびたびで平均約3時間。) 

 そう、今回の引っ越し先は、オランダ

 運良く、下見で気に入った物件がすぐに見つかり、
 様々な準備や手続きをしながら迎えた年末年始。 

 冷蔵庫の中の食材も計画的に使い切らなきゃいけない。
 長かった宙ぶらりんな落ち着かない日々。

ndlvh28.JPG

 そして再び、いや三度(みたび)、戻って来たオランダの地。 

 横長の風景に並木道。 懐かしい。  
     ※ 参考までに、オランダ→ パリの引越話は、こちら

 

 というわけで、2週間のブログお休みは、引越休暇

 荷造り、梱包・開梱、大家さんとの退去の立ち合いチェック、整理整頓、掃除、
 役所の手続き、買い物・・・とあっという間に過ぎ去った。

 EU内と言えどもが変われば、銀行も、健康保険も、携帯電話番号も変わる。
 ネット環境を整えるのも重要。

ndlvh29.JPG

 常にが吹く大地。 

 やはり私には、ここが一番。 

 

 フランスで過ごしたのは3年にも満たない日々。
 いろんなことがあったけれど、パリの写真はもう終わり。

 マイヨール美術館からのひとりカメラ街歩きは、パリとのお別れ散歩
 ふたりでカフェに入って珈琲を飲んだのも最初最後
 残念だけどサントゥスタッシュ教会前の庭園の工事も完成まで撮り続けられなかった。

 

 オランダでの穏やかな暮らしで話のネタがないかもしれないけれど、
それはそれで幸せ。

 ブログの容量もそろそろ上限が近付いてきた。

※ 凍った水路の写真以外はすべてCASIO


nice!(42)  コメント(22) 
共通テーマ:地域

nice! 42

コメント 22

luces

またお引越しだったんですね。
今回は馴染みの土地でよかったですね。
新しい生活も楽しみにしています。今後ともよろしくお願いいたします。
by luces (2013-02-26 18:16) 

めぎ

ああ、やっぱりそうでしたか・・・パリの見所をずいぶん急にいっぱい回っていらっしゃるなあという印象でしたので、もしかして終わりが近くなったのかな、と想像していました。
またオランダ、よかったですね♪ スペインよりも、ここが一番、と感じるところなのかしら。しばらく落ち着いて過ごせますように。
by めぎ (2013-02-27 05:49) 

baby_pink

Inatimyさん、お引越しさてたとのこと、おつかれさまでした。
ホッ。と落ち着く場所オランダでの新しい生活のスタート。
パリでの暮らしも、これからきっとKamoさんとの素敵な
思い出となるのでしょうね♪そして、オランダでの穏やかな
生活のお話し、これからも楽しみにしています^^/
パリもオランダも行ってみたいなぁ。
by baby_pink (2013-02-27 07:03) 

krause

引っ越しお疲れ様でした。私も3月中旬にアムステルダム出張予定ですが、航空運賃が恐ろしく高いので(JAL・Yクラスでさえ40万円以上)、びっくりしています。
by krause (2013-02-27 07:34) 

ナツパパ

お引っ越しお疲れさまでした。
そちらの引っ越し業者は、日本のように親切なのでしょうか。
なにもかもお二人で手配、しかも異国で...は大変なのでしょうね。
わたしなど想像も出来ません。
これからのオランダでの暮らし、そして記事、楽しみにお待ちしてます。
by ナツパパ (2013-02-27 09:03) 

匁

パリ→オランダ お引っ越しご苦労様です。
パリからの記事いろいろありがとう。
これからは
オランダからは記事を
楽しみにしています。
by (2013-02-27 09:09) 

テリー

パリからオランダ、しかも、オランダは3度目ですか。いいですね。
でも、オランダって、いつでも行けると思っていたので、まだ、一度も行っていません。オランダレポートが楽しみですね。
by テリー (2013-02-27 09:11) 

miffy

長い休暇はもしかしてと思っていたらやっぱりでしたか。
オランダに戻られたのですね~
水路と並木道の風景をまた見られるとは思っていませんでした。
今度のお家はどんな感じかな~?
トラチちゃんがお外を見ながらお昼寝できる大きな窓はあるかしら。
楽しみです♪
by miffy (2013-02-27 19:52) 

myu

Inatimy さん
こんにちは。
パリブログが、終わってしまったのは、
とても残念ですが、
オランダは、未知な国。
写真、そしてInatimyさんの語りを楽しみにしてます。
落ち着きましたら、よろしくお願いします。
by myu (2013-02-27 21:43) 

pistacci

ついこの間パリに行ったばかりなのに?とおもったけど
もう2年以上前のことだったのですね。
この並木道を自転車で走る光景はTVで紹介されていましたっけ。
お引越しおつかれさまでした。
by pistacci (2013-02-27 22:25) 

noriko

ああ、オランダ♡
私にもほっとする風景です。
いい物件が見つかってよかった!
新しい、そして懐かしい暮らしのスタートに祝福を^^

by noriko (2013-02-27 23:20) 

angie17

おぉ、新天地ですね!
今後のブログが、楽しみです~。

お引越し、お疲れ様でした。
by angie17 (2013-02-28 00:08) 

moz

お休みと行っても、お引越しだったんですね、ご苦労様でした。
それも、フランスからオランダですから、書かれているけれど、色々と大変だったでしょうね。
まだまだ、フランスでの引き続きの記事も見たかったけれど、これからのオランダもとても楽しみにしています。
なんと言ってもフェルメールのオランダですから ^^
飛行機のお話も納得です。 笑
まだ何かとお忙しいでしょうけれど、お体ご自愛下さい。日本はまだまだ風邪とかインフルはやってます。
by moz (2013-02-28 05:44) 

アールグレイ

いよいよ引っ越しされたのですね。
オランダですか、オランダも素敵な国ですよね。
今までより、寒くはなるのですね。
また、オランダでの記事を楽しみにしています。
赤い列車、新幹線のようですね。
車窓からの眺めもいいですね。
私も、車窓から流れる景色は、好きです。
今までのフランスの記事も、興味深く、楽しませてもらいました。
ありがとうございました。
by アールグレイ (2013-02-28 19:41) 

バニラ

もう落ち着きましたか。 Inatimyさんの帰ってきたなぁ~感をいっぱい感じます。 あちこちすてきな街を渡り歩けて?うらやましいです♪  子どもの頃は
父の転勤で、2、3年ごとに引越ししていたのですが、それがパリやオランダだったらどんなによかったかと夢のようなことを思ったり…。
by バニラ (2013-02-28 20:41) 

HIROMI

ひゃー、お引っ越しなんですか。
しかもオランダ!
引っ越しで国が変わるなんて、私には想像も着かないことです。
by HIROMI (2013-03-01 00:17) 

stellaria

Inatimyさん、お引っ越しされていたのですね。お疲れさまでした。国をまたいでのお引っ越しは慣れていらっしゃるのでしょうけれど、それでもやはり大変なこともたくさんあって、お疲れになったことと思います。今回はInatimyさんのお好きなオランダで、よかったですね!私がオランダという国に親しみを覚えるようになったのは、このブログのおかげです。これからも記事を楽しみにしていますね。新しい生活のスタートで、どうぞご無理なさいませんように。
by stellaria (2013-03-01 08:04) 

MOCOMOCO

まあ、お引越しだったのですね!それもアムスへ戻られてたなんて♪
今度のお家はトラチちゃんの遊べるお庭つきかな、それとも・・^^
またお家のご様子やお出かけのあれこれのお話、楽しみにしています。
あ、チューリップ図鑑ももしかしたら更新されるかもしれませんね、そちらも楽しみです♪
by MOCOMOCO (2013-03-01 10:58) 

Inatimy

→皆さま 
『2週間の休み』のお話に、たくさんのnice! & コメントありがとうございます。 部屋はすんなり片付いたものの、引っ越すたびに、どこにやったか見つからないものが・・・。 今回はセロハンテープ。 Koziolの可愛いやつだったのにな。

→lucesさま 
そう、また引っ越しでバタバタしてました。 でも行き先がオランダと聞いて正直ウキウキだったり(笑)。 こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

→めぎさま 
さすが、鋭かったですね、めぎさん。 「道草求めて公園を抜ける」で頂いたコメントに“もうパリにはいらっしゃらないのかしら”とあった時にドキッとしましたよ。 言葉はスペインのほうがいいけれど失業率も高いから。 仕事や経済の安定からすると、まだまだオランダが暮らしやすいかな。 

→baby_pinkさま 
暖かいお言葉、ありがとうございます。 すっかり夢か幻かのようなパリでの暮らしと化し、オランダの平穏な日常にとても満足です。 これで言語の問題さえなければ・・・(笑)。 オランダ人の皆さんは英語が上手なんですが、私がオランダ語も英語もヘタ過ぎで・・・。 

→krauseさま 
航空運賃そんなにするんですか~!?  出張するのも大変ですよねぇ。 チューリップの時期が始まるからかなぁ。 ホテルもそろそろ予約が埋まって来るのかしら。 私は一時帰国の際、一番安い頃を狙ってますが、そうそう頻繁には帰れないですね・・・。 

→ナツパパさま 
日系の引っ越し業者さんが、あれこれ対応してくださって、とても助かってます。 今まで出会った外注のトラック運送の欧州人の方々も親切でしたよ。 今回何が一番大変だったかというと、搬出当日に移動して、夜、家具も布団も何もないガラーンとした部屋で、薄いヨガマット一枚をふたりで使ってコート着たまま寝たことかしら(笑)。 誰も住んでなかった家ってなかなか暖まらないものですねぇ。 外は氷点下だったので、がんばっても室温13度でした。

→匁さま 
またオランダに戻ってきました。 パリに比べると、のどかで静かな暮らしですが、アムステルダムにも美術館はいろいろあるので、いずれまた記事にできるといいなと思ってます♪

→テリーさま 
いいのか、悪いのか、できたらコロコロ引越しせずに、ずっとオランダだったら楽だったかな(笑)。 オランダの水鳥も可愛いし、キューケンホフの蘭の花もキレイなので、いつかオランダへ♪ 

→miffyさま 
この長い休暇が本当にのんびりするだけのお休みだったなら、どれほどリフレッシュできたただろうな~。 暖かなスペインの島で、とかね。 家にはパリよりはるかに大きな窓が♪ 窓ふき大変・・・。

→myuさま
裏道、小路、横丁のような場所ばかりの散歩話だったのに、終わって残念だと言ってくださって嬉しいです。 でも私にはパリよりはるかにオランダのほうが落ち着く場所で(笑)。 あまりパッとしたネタもないかもしれませんが、よろしければまたブログのぞきに来てくださいね。

→pistacciさま 
ようやく暮らしが落ち着いてきたかと思ったら、あっという間に引っ越しです。 当初は長くいられるはずと聞いていたのに。 荷物整理や開梱作業を考えると、もう最低5年は動きたくないなぁ・・・。 日本のTVはまったく分からないんですが、この並木道、紹介されてたんですか? へ~、スゴイ。 有名なんだ。

→norikoさま 
のどかな暮らしに戻って日々平穏無事に暮らせる幸せをかみしめてます。 祝福ありがとうございます。 

→angie17さま 
新天地というより、以前住んだ国にまた戻ってきちゃっただけなんですよ・・・。 オランダはオランダで、また美味しいパンが♪ 久々に食べたソフト系のパンは口に優しかったです(笑)。 

→mozさま 
フェルメールの国に戻ってきました♪ サイドバーのカテゴリーに、すでに「フェルメール」があるんですよ。 デルフトに行った時のお話です♪ 大きなチーズの塊や美味しそうな牡蠣のあるフランドル絵画の静物画も美味しそうで好きなので、またオランダ国内のミュージアムにあちこち行こうかな。 こちらの地でもインフルエンザやウィルス性胃腸炎が流行ってるようです。 もう3月、早く暖かな春が来るといいですよね。

→アールグレイさま 
パリより寒い地になりますが、その分、家も工夫されて中は暖かいのがありがたいです。 もともと蒸し暑いのよりは寒いほうが好きで、しかも雪が積もれば大喜びで散歩に出かけるタイプゆえ、オランダの冬も楽しんでます♪ パリのお話は終わりましたが、これからもどうぞよろしくお願いします。

→バニラさま 
オランダに帰ってきて嬉しいぞ~感、にじみ出てます?(笑)。 バニラさんの子供の頃の2~3年ごとの引越し、学校のこともあるから、はるかに大変だったとお察しします。 私は逆に子供の頃はまったく引越しがなかったので、ずっと同じ土地に。 大人になり、あちこち流れて暮らせるのも刺激的なんですが、引越しの手間を考えると、しばらく5年ほどは動きたくないなぁー。

→HIROMIさま 
また引っ越したんですよ・・・ブログ始めてからでもすでに3カ国4回目だったり。 でも、どこに引っ越しても、こうしてブログを通じて皆さんとお話しできるので大変ありがたく感じてます。 オランダ話になりますが、どうかブログに遊びに来て下さいね~。

→stellariaさま 
毎度のことなので引越しの要領はだいたい掴めてきました(笑)。 いろんな手続きも大変ですが(Kamoさんが・・・)、それよりも体力的に大変ですねぇ・・・疲れがたまってしまって。 ふふ。 私のつたない文章で、オランダに親しみを感じてくださったのはとてもうれしいです。 確かオランダの絵本、紹介なさってましたよね。 私も本屋さんで絵本見てみようかな。 

→MOCOMOCOさま 
そうなんです、また引っ越しで。 しかもオランダに戻ってきました。 そして3月・・・あと3週間ほどでキューケンホフ開園です。 えらい時期に戻ってきたかな、また激写かもしれない(笑)。 フランスでバラの美しさや楽しさも知ったので、オランダ国内のバラ園も行ってみようかなと予定してます♪ バラ図鑑・・・大変だろうなぁ。
by Inatimy (2013-03-01 21:58) 

カエル

きゃー!
引っ越しちゃったんだぁ。ショックゥ。
今年こそはお会いしたかったぁ。
でも、大好きなオランダに引っ越せることができて気分的によかったのかな?Inatimyさんが元気になれる地だったらよかったよぉ。
オランダの記事も楽しみにしていますね!
新しい門出だね^^
by カエル (2013-03-02 01:56) 

母ちゃん

2週間のお休み、もしやとは思っていました。そしてお引っ越し先がオランダとはちょっと意外だったかもしれません。

でもお好きなオランダに戻られてのブログ、楽しみにしています♪
by 母ちゃん (2013-03-02 16:22) 

Inatimy

→カエルさま 
そうなの、もしかしたら春にまたいらっしゃるかしらと楽しみにしていたのに、あっというまに引っ越し話が浮上して。 でもカエルさんとはいつかどこかで会える気がする。 一緒に美味しいものを激写し、食べながら♪  

→母ちゃんさま 
私にとっては2週間のブログ休みだったんですが、Kamoさんは仕事忙しそうでねぇ・・・ちょっと可愛そうな慌ただしい日々でした。 またオランダのお話になりますが、どうぞまた新しいブログに寄ってくださいね~♪ 
by Inatimy (2013-03-05 19:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。