So-net無料ブログ作成
検索選択

立ち止まって飛んだ先は・・・ [日本]

 ♪ Happy Halloween ♪

 もちろん、Trick よりも Treat がいいけれど・・・。

tpjp1.JPG

もてなし・・・続きを読む


nice!(42)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

日本で買ったもの、食べたもの。 [日本]

 知らなかった・・・ たくさん、あるよ、フランスのもの。

 あれほどパリで探していたエッフェル塔のシールやスタンプが、日本で、普通にLoftに売っていた。  

prmvr4vj8.JPG

春旅以外の日本での日々も、ちょこっとどうぞ。


nice!(40)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

京都に酔う [日本]

 再会を祝して、乾杯

 鴨川べりの川床で、ふたりだけのが終わった次の日。 待ち合わせの京都駅、SUVACO前には、先にお友達が待っていた。 春旅2日目にして、もう最終日。 

prmvr3vj36.JPG  

おとな旅の京都、続きを読む?


タグ:蒸溜所 春旅
nice!(46)  コメント(22) 
共通テーマ:旅行

駆け足京都で甘いもの [日本]

 ここだよね、次に行くところ。

 宝鏡寺の縁側に置かれたカゴに、色鮮やかなチラシ。 片隅の茶椀茶筅のマークも見逃せない。

prmvr2vj2.JPG

春旅京都の長い一日、続きをどうぞ。


タグ:春旅
nice!(46)  コメント(23) 
共通テーマ:旅行

緑のなかの春旅 [日本]

 ここは、どこ?

 ひさびさに戻ってきたは、すっかり様変わりしていて、こころの隅っこに違和感

prmvr1vj7.JPG

パリから向かった春旅話・・・続きもどうぞ。


タグ:春旅
nice!(44)  コメント(26) 
共通テーマ:旅行

オランダに戻る・・・ [日本]

 戻る日の前日は、空港にあるホテルに宿泊。 これだと、バタバタ慌てることもなく、翌朝ゆったり。 禁煙シングルルームで、シモンズベッド空気清浄機を備え、 朝食付のプラン。 窓からは、対岸に工事中の建物&滑走路。    

kikoku42.jpgkikoku43.jpg

続き・・・気になります?


nice!(25)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行

懐かしい場所 [日本]

 この日は、午後から人と会う約束。 その前に、ふらりとひとりで散策。 京都の町は、小さな路も大きな道も、とても味があって面白いので、あてもなくふらふら歩いていても楽しめます。  

kikoku7.jpg

一緒に歩きませんか?


nice!(26)  コメント(22) 
共通テーマ:旅行

一時帰国して・・・ [日本]

 これを見ると、あ、帰ってきたんだ・・・と思うもの。 それは、青い空にすらりと伸びるキャンドルのような塔。

kikoku41.jpg 

この塔は・・・


タグ:日本
nice!(28)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

緑色の魅力 [日本]

 日本滞在中に、宇治に行きたかった理由は、やはり、  海外に出ると、抹茶のお菓子や食べ物が、すごく恋しくなります。

 オランダに来てすぐの頃、ネットで、たまたま見つけたお店が、気になって、気になって・・・。 そのお店の名は、伊藤久右衛門。 

 なので、本店・茶房まで行ってきました。 オーダーしたのは、「源氏物語セット」。 茶そば(温そば・ざるそば、選べます。)に、炊き込みご飯、それと、お抹茶つぶ餡の特製羊羹がついてます。

 茶そば

 こしがあって、いいゆで具合でした。 いくらでもはいりそうです。

 お抹茶と羊羹

 苦いかと思いきや、お茶独特の甘味が感じられます。 羊羹の上にほんの少しふりかけられた抹茶が、すてきなアクセントです。

 他に、抹茶アイスも、かなり濃厚な味。 そえられた茶の葉入りせんべいで、アイスのおいしさが、ますます際立ちます。

 生チョコ

 口に入れた瞬間にさっと広がる香り、すぐにとろける、なめらかな生チョコレート。 ヨーロッパのチョコレートも、おいしいけれど、これは、また別の味わいです。 

 外のパッケージ 

 お茶色の深い緑に、中央に金色の入ったパッケージ。 表と裏が緑と金の和紙で包まれています。 紙好きの私は、捨てずに残しておく派です。 

 しかし、この生チョコ、オランダまで持って帰りたかったけれど、要冷蔵なので、無理でした。 残念。 

 他に、抹茶大福も買いました。 ついてくる抹茶をかけていただきます。 こちらも、もちもち肌の白い生地に、中身は鮮やかな緑の抹茶あん。 生クリームのブレンドにより、舌ざわりがとてもなめらかで、上品な甘さ。 

 が、これも要冷蔵で、消費期限3日なので、オランダまで持ち帰れず・・・。 オランダに残してきた留守番隊に申し訳ないけれど、楽しい抹茶づくしの一日でした。


花をもとめて [日本]

 日本への一時帰国中、ちょっと行きたかった京都の宇治。 

 この日は、とても天気が良く、車に乗り込み、三室戸寺(みむろとじ)へ。  拝観料 は、大人ひとり500円でした。   

 ゆるやかな坂を上り山門へ

 すごく鮮やかな新緑で、日差しは強いものの、風がとても心地よく吹いてました。 ここの大庭園は、5千坪。 四季を通じて、いろんな花や紅葉を楽しめる、父お勧めの場所。

 訪ねた5月の見頃は、ツツジ(2万株)と、シャクナゲ(1千本)。 そう、受付でいただいた案内に書いてありました。 

 ツツジの植え込みに囲まれた茶店

 ・・・残念ながら、ツツジの花は、終わってしまったようです。 ここには写ってませんが、シャクナゲの花も、しおれかけていて、もうおしまいのようでした。

 本堂、阿弥陀堂、鐘楼、三重塔

 本堂の前に白く見えるのは、横たわるの像。 口の中にが入っていて、これに触ると勝運がつくようです。 何かに勝ちたい!という予定も何もありませんでしたが、せっかくだから、と触ってきました。 玉は、牛の口の中で転がるものの、外に出ないよう、うまく作ってあります。 

 ずらりと並ぶ水鉢には、。 しかし、こちらの見頃は7月のようで、花はまだまだ。 

 池泉には、たくさんの鯉

 池のそばに立つと、がすぐに寄ってきました。 ふと横を見ると、エサが100円で売ってましたが、私は見るだけ・・・。

 ここ、三室戸寺には、アジサイ1万株あるそうで、一面咲き乱れる様が見られるとのこと。 淡いピンクのアジサイ。 その見頃は・・・6月・・・。

 アジサイの葉の裏に・・・ 

 結局、アジサイにも、時期が早くて、まだまだツボミがあるかないか、というところ・・・。 今回は、ことごとく、花には縁がありませんでした。 

 カタツムリだけは、準備完了。 アジサイの葉の裏でを、今か今かと、待っています。